クリーンマックス

 鹿児島では夏の風物詩として「流しそうめん」が各地で営業されています。ただ地下水が豊富で清水なところとなると鹿児島市内から車で1時間以上はかかるところになります。

これまで当社でも垂れ流しを製作していましたが、高齢となり移動手段がないとか行っても急階段や坂で不便だから行かなくなったという意見からどこででも出来るよう循環型を製作してみました。

園かい

 また、屋上ビアガーデンに使用したいけどもっと集客と売上が上がるようにできないかという意見から中心部で七輪焼きができるようにしました。
 これまでのソーメン流しでは、セット注文して一人1,000~1,500円の売上でしたが、ビアガーデンでの場合一人3,000~5,000円と売上アップにつながっているようです。

 また、宴会ですので一人ではなく団体で予約して頂けるので食材のロスも出ることなく、むしろ単品の追加注文が必ず出るそうです。話題性があり、集客力があり、売上アップ、食材ロスなし、料理も手間いらずと効率的だとオーナー様に喜んで頂いています。

 

3大特徴

回鮮テーブルの特徴
導入により得られる効果(メリット)

 

ページのトップへ戻る